50万円にかかる利息と返済期間

50万円を年利18%で借りた場合の合計返済額はいくらになるでしょうか。

3年で返済する場合、月々の支払は18,076円、3年間合計で支払う利息は150,745にもなります。
2年間の場合は、月々の支払は24,962円で、総利息は97,375円となります。

 

このように、毎月の支払金額を抑え時間をかければかけるほど利息が増えていきます。

 

50万円までであれば、銀行や金融機関から思いのほか簡単に借りることができますが、返済するのは予想しているよりも負担が大きいです。
特に毎月の返済額が少なく支払いが長期に渡っていると、利息増えるだけでなく、長期的な返済は気持ちのうえでも負担になりやすいです。

 

家族や知り合いから借りることができれば、利息が増えていく心配はなくなりますが、お金に余裕のある人がいるとも限りませんし、人間関係を壊してしまう可能性もあります。
金融機関からお金を借りざるを得ないというケースは珍しいことではありません。
ですから、できるだけ得ができるように上手にお金を借りることが大切です。

 

同じ年18%の金利でも、1年間で返済できれば、利息は49,312円で済みます。
毎月の返済額は45,839円と大きめですが、2年間の返済と比べると48,063円も利息が少なくて済むのです。