カードローンの金利について知っておきたいこと

カードローンでお金を借りるときのメリットは、すぐに借りられるということです。
必要なときにすぐお金を用意することができるので、困ったときにとても助かるサービスです。

 

しかし、お金を借りる前に知っておかなければならないことがあります。
それは金利についてのルールです。
借金を返済する時は、借りたお金に利子をつけて借りた時よりも多くの金額を返さなければなりません。
その利子を決めるのがこの「金利」です。

 

一般的に、金利は1年単位で考えられ(年利)、1年に満たないキャッシングではそれを日割りで計算します。
利子を付けられる上限は法律で決まっており、法外な利子を取る貸金業者は罰せられることになっています。
また、多すぎる利子を取られた人は、払った後からでも払いすぎていた分を取り返すことができる仕組みもあります。
しかしそれでも法外な利息を取る業者は後を絶ちません。
こうした業者から身を守る一つの手段としても、利息の制限について知っておくと安心です。

 

 

利息制限法における金利の上限

 

利息制限法で制限される利息の上限は、借りた金額によって変わります。

 

・元本(最初に借りた金額)が10万円未満……20%まで
・元本が10万円以上100万円未満……18%まで
・元本が15万円以上……15%まで

 

金利にについて定めた法律には、出資法と利息制限法の2つがあります。
出資法における最高利息は20%で、これを超えた場合刑事罰の対象になります。
利息制限法上限以上20%以下の金利をとった場合、刑事罰の対象にはなりませんが、民法で無効とされます。

 

ちなみに、平成22年に出資法が改正されるまで、出資法における上限金利は29.2%でした。
そのため多くの貸金業者が出資法の上限を採用した貸し付けを行っていました。
いわゆる、グレーゾーン金利と呼ばれていたものです。

 

 

利息の計算

 

カードローンをはじめ、多くのキャッシングでは利息を日割りによって計算します。
金利が年単位で決められているので、年利を365日で割って、一日あたりいくらで考えるのです。
よって計算式は以下のようになります。

 

(借りた金額)×(金利)÷ 365日×借りた日数=利息

 

一般ローンでは年単位で課される利息が、実質一日単位で課されるため、一日でも早く返せば返すほど支払う利息が少なくなります。