50万円借りる方法

50万円借りれるキャッシングランキング

プロミス

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があるならこちらが便利

■実質年率 4.5%〜17.8%
■限度額 1〜500万円
■審査スピード 最短30分
・WEB契約で当日振込み可。※平日14時までに契約完了が必要
・最小返済額13,000円/月

 

プロミス公式サイトを見てみる

SMBCモビット

50万円借りたいならこちらもおすすめ

■実質年率 3.0%〜18.0%
■限度額 1〜800万円
■審査スピード 最短即日
・WEB契約で当日振込み可。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
・最小返済額13,000円/月

 

SMBCモビット公式サイトを見てみる

※当サイトからのお申込み数のランキングとなっております。

お金がないサラリーマンとしての今後の戦術を考えてみた

同じようにサラリーマンとして暮らしていけば、多少の差こそあれ、同じように豊かな年金生活が待っているというのがかつての定説でした。

 

年金制度も崩壊し、また、企業の安定性や業績も雲泥の差が出てきたため、この定説はすでに崩壊しています。

 

その上、401Kも導入され、各個人の運用の差が老後を決めてしまうということになります。

 

一方で、日本人の多くが、預貯金や国債等の安定運用を中心にしているため、運用成績は低迷している方が多いそうです。

 

一方で、一部の方は、バランスよく分散投資することで、この10年間で20%以上の運用成績を出している方もおられるそうです。

 

考えてみれば、年金は、サラリーマン生活の苦労の貯金のような感覚でした。
現役時代に頑張ったご褒美として年金があり、我慢すれば我慢するほど年金は大きくなっていきました。

 

今は、必ずしもそうではないということです。
限られた掛け金の原資でどの程度リスクを取れるのかによって、自らの老後生活を決める時代になりました。
サラリーマン生活の苦労の貯金の要素は少なくなっていくということです。

 

換言すれば、恵まれないサラリーマン生活であっても、運用実績次第では、豊かな老後を送ることができるということになりました。
物価上昇率を考えれば、株式や外貨等のバランス運用をしなければ、逆に国債や預貯金に頼ることがリスクになるのでしょう。

 

サラリーマンは、仕事の他に、どう生きていくのかということについて自ら考える時代に入っているということなのでしょう。